2016年7月23日

記念切手の種類の一つに「ふみの日」と呼ばれている切手が在ります。

ふみの日と言うのは、郵政省が制定した日で、毎月23日として定めているもので、手紙や葉書などに関するイベント、記念切手の発行などが行われる日で、毎年7月23日に新しい記念切手が発行されるのが特徴です。

因みに、郵政省は現在では総務省として機能を持ちますが、郵政省の時代に「ふ」と「み」と言った言葉の語呂合わせとなる毎月23日を定めたのが始まりで、記念切手の種類の一つでもある特殊切手として発行されています。

尚、制定当初はキャンペーンとして在庫が在る限り、郵便局で何時でも購入する事が出来る普通切手と比較すると優先して発売されていたのが特徴で、切手の図案などについてもデザイン公募が行われることもあれば、人気デザイナーに依頼をして図案の作成を行うなど様々です。

また、21世紀に入ると、従来とは異なる形状の変形切手、シール式になっている切手、ミッフィー切手などのキャラクター切手などが発売されると言った特徴が在ります。

尚、記念切手の中でも特殊切手と言うのは毎年決められた日時に発行されるものと、シリーズ化が行われており、毎月1度の割合で半年間から1年間にかけて発行されるものなど様々です。

特殊切手の一つでもある、ふみの日切手は毎年7月23日に全国の郵便局で発売開始となりますが、記念切手の中でも特殊切手と言うのは発行日が決まっているものと、定期的に発行されるものが在ります。

例えば、1年に一度だけ発行される切手趣味週間、シリーズ化が行われる切手などの場合は毎月1度の割合で、全10集や20集と言った具合に発行が続くものなど様々です。

尚、現在のふみの日にはキャラクターを図案に採用したものが人気を集めており、ミッフィー切手などはその代表例と言えます。

また、切手と言うと裏面に糊がついていて、水などを利用して濡らす事でハガキや封筒などに貼り付けられるものが多く在りますが、ミッフィー切手などの場合はシール式になっているので、貼り付ける時にも便利と言ったメリットも在ります。

因みに、記念切手は何らかの記念を祝して発行されるもので、特殊切手とは発行されるタイミングが解りません。

しかし、郵便局のホームページを利用する事で、これから発行予定になっている記念切手や特殊切手の情報をチェックする事が出来ますし、発行日に郵便局に出掛ければ手に入れる事が出来ます。

尚、ミッフィーの切手を買える場所や発行日などについてはこちらを参考にされるのがお勧めです。

Post tags:

2016年7月17日

郵便局に行くと、記念切手の発行紹介が行われているポスターや見本品が窓口などに展示されている事が在ります。

記念切手は従来であれば切手収集家のターゲットになっていたもので、人気が高いシリーズなどの場合では発行当日に売り切れとなったことも少なく在りません。

現在では切手収集を行う人がブームの時代と比較すると減っているため、発行当日に完売になる事は無いため、いつもとは違った切手が欲しいと言う場合などでは、見本品を見せて貰ったり、現在販売されている切手を見せて貰う事で購入が出来るようになっています。

所で、記念切手は通常の普通切手と同じく郵便料金を前払いしているという証になるもので、郵便物に貼り付ける事で相手先に届けて貰う事が出来ます。

これは日本だけではなく海外でも同じで、普通の封書を使えば最低料金で届けて貰えるので便利です。

また、日本の切手と言うのは世界の中から見ても、図案や色の使い方、図案になっているデザインなどが外国人からの評判が高く、日本に訪れた外国人の中には切手ショップや郵便局に訪れて記念切手を購入して帰国し、それを友達にプレゼントすると言ったケースも多く在るなど、海外への郵便物に記念切手を貼る事で喜ばれます。海外への郵便物として記念切手を使用することは可能ですが、郵便料金が幾らかかるのかと言ったことを把握しておく必要が在ります。

因みに、郵便物の大きさは縦14センチ、横9センチが最小サイズで、最大の大きさと言うのは縦と横、そして厚みのサイズを加算して合計90センチが最大サイズになりますが、縦のサイズは60センチが最大だとなるため、幅と厚みの合計が30センチが最大サイズになります。

尚、海外への手紙で記念切手の貼り方を参考にされるのがお勧めです。

記念切手には色々な額面の切手が在るため、郵便料金を調べてから、料金に合う額面の記念切手を貼れば良いのです。

但し、郵便料金は航空便や船便、エコノミー航空便などの発送手段や葉書や印刷物、定形および定形外の手紙などサービスの種類により異なりますし、手紙などの通常郵便物は外国を第1地帯~第3地帯に分類しており、送り先などにより料金が異なる事も在るため、郵便局の窓口で聞くか、郵便局のホームページ内に在る「海外の料金表」を利用して調べておくのがお勧めです。

因みに、通常の封筒を使って送る場合には130円になるので、80円と50円の記念切手を貼り付ける事で届けて貰うことが出来ます。

Post tags:

2016年1月31日

古いデスクを整理していたり、昔は家族がよく文通をしていたという方が家の整理をしたりすると、買い置きの切手が出てくることがしばしばあると思います。特に、文通をよくされていた方などであれば、記念切手が出るたびに買い置いていて、送り先の方が喜ぶような切手を選んでは封筒に貼っていたということがあるのではないでしょうか。

そんな記念切手類、一度にたくさん見つかったらどうしたら良いでしょうか?一番価値を無駄にしない方法としては、郵便物に貼って額面通りの価値で使うということですが、そんなに最近手紙を書いたりしませんよね。そこでおすすめなのが、記念切手買取業者に売ることです。

記念切手買取業者というのは、切手の査定を依頼すれば、査定ののち買取・現金化してくれます。最近の記念切手は希少価値があまり高くないので額面の何割かの値段になってしまうことがほとんどだと思いますが、それでも、家に眠らせて置いたらただの紙切れであるものが、お金になればラッキーですよね。

そしてもし、その記念切手の中にコレクターがのどから手が出るほど欲しがるようなプレミア切手が混ざっていれば、それは額面以上の価格で取引されることでしょう。記念切手買取業者はこちらから探すことができますので参考にしてみてください。

Post tags:

2016年1月30日

記念切手を昔集めていたけれど処分したいという方、多いと思います。最近は切手収集ブームもすっかり下火になってしまいましたからね。でも、記念切手はどのように処分すれば良いかご存知ですか?記念切手は、記念切手買取業者に依頼するのが良いでしょう。とはいえ、記念切手買取業者にも、良質なところと、残念ながら悪質なところがありますので注意が必要です。記念切手買取業者の良し悪しを見分けるためには、ご参考はこちらを!クリックしてみてください。

こちらは、「記念切手買取価格.net|詐欺!?悪徳業者!?~口コミ新事実」というホームページです。記念切手買取業者の見分け方についてはもちろん、記念切手を高く売るためのコツや、おすすめの記念切手買取業者も紹介されています。しっかり情報が整理されていますので、初めて記念切手を売りたいと思っている方にとってもわかりやすいと思います。

事前に記念切手買取についての情報をしっかり頭に入れておけば、もしイマイチな記念切手買取業者に相談してしまって、思った以上に安い値段でしか買取してくれなさそうだというときにも慌てずにすみますよ。あなたが大事に集めてきた切手ですから、良い値段で買取してもらってくださいね。

Post tags:

2016年1月29日

遺品整理の中に、記念切手はありませんでしたか?
もしあれば、非常にラッキーです!
「記念切手なんて使い道がないし処分方法にも困るじゃないか」
と思う方が多いと思います。
ですが、使い道がない、処分方法がないからこそ「買取」をしてもらいましょう!
有効な処分方法ということで今注目を集めているんですよ。

『記念切手買取価格.jp』というサイトをご紹介します。
まず、安全に利用することができる買取業者が5社紹介されていることが一つ目の特徴。
中にはスピード対応や買取実績の多さなど、その業者ならではの情報も記載がありました。
ちなみに、
・口コミ評価
・対応スピード
・安心ポイント
・受付時間
・おすすめ度(五つ星評価)
はすべての業者に書いてくれていますので、比較しやすく選びやすいと評判です。

また、サイト内で最も人気のコンテンツは「高額買取」に関するもの。
・記念切手高額買取
・記念切手プレミア
・高額切手
・中国切手
などが該当するものですので、ぜひチェックしてみてください。

他にも買取方法の3つのポイントなどは初心者の方にも役立つ内容だと思いました。
それぞれの買取方法の特徴やメリットなどがわかりやすく記載してくれていますので、しっかりと把握したうえで利用するとよいでしょう。

Post tags:

2016年1月28日

「記念切手を不用品処分するにも、ごみとして捨てるのはもったいないですよね。
とはいえ、金券ショップや質屋にもっていっても二束三文にしかならないので面倒。
もっと効率的に、そして高額で買取ってもらえる業者はないものでしょうか。」

このような投稿を、質問サイトで見かけました。
ベストアンサーになっていたのは、こんな内容。

「以前私が利用した『記念切手買取価格.com』というサイトをご紹介します。
こちらのサイトは、記念切手を高額で買取ってもらえる業者が紹介されているので参考になりますよ。
しかも1社ではなく5社がランキング形式で記載されていますから、業者情報を見ながらどこにしようかと選ぶ楽しさもありました。

また、地域別の口コミも書いてくれていて、こちらも役立つ内容だったと思います。
たとえば私が住んでいる地域の口コミを見ると、良い意見だけでなく悪い意見も書いてあったんです。
どちらも買取をしてもらう際に非常に勉強になりましたね。

さらには最低限知っておきたい記念切手買取の基礎知識、サイト作成者のワンポイントアドバイス、高額買取の秘訣など有益な情報も盛りだくさん。
きっとあなたにとっても参考になるサイトではないかと思い、ご紹介しました。

ぜひお役立てください。」

Post tags:

2016年1月6日

ご自宅の整理などをしていたら、未使用の切手が大量に見つかったというラッキーな方はいらっしゃいますか?
買取経験がない方でも、使用している切手よりも未使用の切手のほうが高額買取になりやすいということはなんとなく想像がつくと思います。
しかもその中に記念切手が含まれていたら、これはもう幸運としか言いようがありません!
記念切手は通常の普通切手と比べても市場に出回っている枚数が極端に少ないので、種類によってはプレミア切手として高額買取をしてもらえる可能性があるのです。

より詳しい情報を入手したいという方は、『記念切手買取相場.jp』というサイトを参考にしてみてください。
こちらには記念切手を高額買取してくれる業者が5社紹介されており、いずれも優良業者としてメジャーなところばかり。
業者情報もとても丁寧に書いてくれていますから、しっかりと比較してみるとよいでしょう。

また、地域の口コミのコンテンツでは日本の主要都市に在住している方の切手買取の体験談を読むことができます。
良い意見だけでなく悪い意見も公表してくれていることもサイト作成者の親切心を感じました。

役立つ情報がたくさん書かれてある参考サイトへのアクセスは、こちらから。

Post tags: